まいにちおべんと、ときどきごはん

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ] / 2017.05.24 Wednesday -

うさんぽついでにそば処「東雲」で舌鼓の巻

5月3日、連休3日目。
1年ぶりにちょっと遠出のうさんぽ決行です。
午後からは雨の予報なので、お昼前に出かけてついでにごはんも〜(笑)
雨が降りはじめる前にとにかく出かけよう!
キャリーバッグに小梅を詰め込んでハルカサンとともに3人で出かけました。


昨年のGWは、寺山の石庄庵に出かけたので、今回はうさんぽメインということで東田原の「田原ふるさと公園」にあるそば処「東雲」でお蕎麦をいただくことにしました。



長閑な田舎の景色が広がり、昔の懐かしい風景がそこにはあります。
農産物の直売や、蕎麦打ち体験もできます。
近くには源実朝公の首塚もあり、史跡めぐりもできます。
何より、丹沢山麓の麓ということで、ハイキングの途中で立ち寄る人もいらっしゃるようです。



そば粉を製粉するための水車小屋です。
秦野の水は名水百選で有名。
丹沢山麓のお水で作る東雲のお蕎麦は、挽きたて打ちたてということなので、それだけでも期待できますな。

‥ということでまずは東雲で腹ごしらえから〜(笑)



天そばセット ¥980-

冷たいお蕎麦と地のお野菜の天ぷらに季節のご飯とお新香がついたセット。
少しお蕎麦が少ないように思いましたが、いただいてみるとかなりのボリュームだというこに気づきます。



地元のお母さんたちが作る二八そば。
漣サン母さんが作るお蕎麦とちょっと似た素朴な味わいのお蕎麦です。
少し太め、でもそれが地元のお母さんたちが作っている証だよね。



石臼で挽いた独特の粉の食感だからこそ、口の中にそば粉の濃い香りが広がります。
機械ではこの香りは出せねぇんだよな。



本日の季節のごはんはたけのこごはんでした。
ほんのりと薄味のごはんにはしっかり味のやわらかいたけのこが入っています。
う〜ん、昨日も自分で作ったものを食べたけど、これもまた旨い。
お店の味‥というよりは家庭で作ったごはんの味なのです。

余談ですが、最近までは桜ごはんだったようです。
秦野は桜の塩漬け、全国8割の生産量を占めてるワケだから当然だよね。

そんなこんなでガッツリとお昼ごはんでおなかを満たし、車で待つ小梅を連れ出してうさんぽ&撮影会を行ったのでした。
続きはまた!

関連ランキング:そば(蕎麦) | 秦野駅渋沢駅




【送料無料】神奈川のうまい蕎麦64選
[ たまには外飯もよかんべぇ。 ] 15:53 / 2011.05.03 Tuesday -

【旨いが故の罠】 小作のかぼちゃほうとう

‥ということで本日は先週に引き続き山中湖の話を忘れないうちに記しておこうと思います。
ペーパームーンへ行く前に、小作でガッツリとお昼をいただいたハルカサンと漣サン。

そう、11:30の開店を待って食べてきました!



ジャ━━━━━━ン!
開店直前の小作はこんなカンジです。
建物の壁には か ぼ ちゃ ほ う と う の文字が。

畳敷きの店内に入って座るなり即注文、これが小作での暗黙のルール(笑)
だってそうしないとどんどん人が入ってくるから出されるまでに時間がかかってしまうのです。


で、待つこと数分。





グツグツと煮立った鉄鍋の中にはお野菜たっぷりてんこ盛りのほうとう。
もう何も言わずにとりあえずいただきましょう!




太くてコシのあるモッチモチの麺、そしてかぼちゃに始まり、じゃがいも・さといも・にんじん・きんぴらごぼう・ねぎなどなど、とにかくお野菜がいっぱい。
やっぱり旨いよな、かぼちゃほうとう。
でも‥
あ〜これからペーパームーンに行くっていうのに。
ガッツリひとり分を食べ切ってしまった漣サン。
旨いが故の罠だよな、小作。






関連ランキング:ほうとう | 山中湖村その他



[ たまには外飯もよかんべぇ。 ] 20:45 / 2010.10.24 Sunday -

【山中湖で屋根開け走行】 ペーパームーンで口福な時間。

おはようございます。
本日のおべんとはお休みです。
漣サンのランチは、学食のうどんで決まりだな、トホホ。

で、本日もすでにあれから2週間も過ぎているという小ネタをば。



これが食べたくて、ハルカサンとふたりで屋根を開けて走っていきました。
山ガールちっくな姿で、寒さ対策もバッチリで出かけた漣サン。
須走でハルカサンの愛車の屋根を開けてオープンで山中湖へ向かいました。

で、毎度〜の小作でお昼ごはんをガッツリと喰らい、午後からは本命のペーパームーンへGO→





女子ならこういうお店好きだよね〜。
漣サンもいちおう女子なので、こういう雰囲気は好き。
本日はいいお天気だったので、テラス席でお目当てのパンプキンプディングをいただくことにしました。





見ると迷います(笑)
ですから必要以上に凝視しないように、お店の方に許可をいただいてササッと撮影。




店内はこんな感じ。
天井から下がっているドライフラワーが販売している商品だということをつい先日知ったばかり。
外もいいけど、寒くなったら中で是非いただきたいもんです。




こっくりとしたかぼちゃのコクと、カラメルのほろ苦さが絶品☆
漣サンは必ずホットミルクと一緒にいただきます。
メニューにはのっていないホットミルクですが、ずっと前に確認したら出してもらえることを知り、それ以来こちらではコレと決めております。





今ならまだテラス席でもギリ間に合うかも。
でも、次回の予定は未定です。


関連ランキング:スイーツ(その他) | 山中湖村その他



[ たまには外飯もよかんべぇ。 ] 08:20 / 2010.10.18 Monday -

ハルカ家のお盆休み、そして似非レブの舞台は御殿場、虎屋茶寮で口福を。

1週間ぶりの更新。
こんなに更新をお休みしたのは本当に数年ぶりだったりします。
今年の春に結婚した弟。
彼のお嫁さんが新しい家族として加わった実家へ赴き、来週誕生日を迎える母の前倒しのバースデーをコッソリ企画。
いちごと生クリームたっぷりのアントルメにロウソク6本、サプライズのお土産(笑)
そして本来の目的である、仏様となって早数年のじぃちゃんに手を合わせてきたのです。

他にも水面下での隠密活動に向けてイロイロな準備なども含め、休んでいるようなそうじゃないような、そんなハルカ家のお盆休み。

‥がしかし。
遠距離を帰省するワケでもない我が家。
せめて甘いモンでもいただいて口福なひとときを過ごそうじゃないかッ!
向かった先は御殿場の虎屋茶寮です。





今年の初め、箱根神社への初詣へ向かう途中で立ち寄ったのが 『とらや工房』
だからというのもあったけれど、夏といえば老舗とらやの宇治みぞれ。
食いてぇ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ッ!
そんなワケで思い立って東名を使わず下道でGO→ だったワケだな。





虎屋茶寮 御殿場店

 『四季の富士』 は、御殿場限定の羊羹。
春夏秋冬、季節毎に表情を変えて店頭に並びます。
‥が。
ハルカ家の本日のお目当ては、宇治みぞれ。
小倉餡じゃなくて白小豆が食べたくて。
逸る気持ちを抑えつつ、まずは店内へ。




定番の羊羹をはじめ、見た目にも美味しい季節の生菓子。
そしてとらやオリジナルグッズなども販売されています。
店内は基本的には目線を下げており、広々として非常に開放的です。



ハルカサン、挙動不審だってば(笑)



お店の方に許可をいただいて撮影させていただきました。
ハルカサンがちょこんと座って悩んでおります。
あんみつ大好きな彼ですが、何だかんだで優柔不断なトコもある。
カメラ片手に激写しているあいだ、ずっと悩んでいたそうです(笑)


そしてここからは何も語るまい。
もうご覧の通りなのです。




【宇治みぞれ(小) ¥800- 】 

見た目も理想的なかき氷のスタイル。
甘さ控えめな抹茶の濃厚な香り、そして食べ進めていくと下には白小豆あんがたっぷりと。
何しろ氷がきめ細かくてサクサク、ホロホロふんわりと。
抹茶と白小豆のほろ苦く甘い絶妙な味わいが最高。
おそらく今の時期、抹茶金時とともに人気1であろう宇治みぞれ。
まわりを見渡せば、多くの人がこれをいただいておりました。




ナツオンナ、普段は一切カキ氷なんぞ喰らいません。
しかし、とらやの氷だけは凍えても食べたい。
そう‥
宇治金時ではなく、宇治みぞれがどうしても食べたいッ!
しかし食いしん坊万歳のワタクシ、他のものだって食べたいのだ。
悩んでいると「お店の方から小さめのものもご用意しております」と教えていただいたので、迷わず小さいサイズをチョイス。
それだってかなりのボリュームですが、いただいたあとの清涼感がなんともたまらん。
ふたりで半分ずついただきました。




【クリームあんみつ ¥1,140-】

美しすぎる珠玉のクリームあんみつです。
黒豆・赤えんどう豆に加え、黒琥珀・粟羊羹・琥珀羹・水羊羹・求肥など、とらや特製の和スイーツがこのあんみつの中に凝縮されております。
白玉や抹茶アイスのバリエもあり、お好みで選ぶことができるようです。
黒蜜をたっぷりとかけていただきます。




ハルカサン、ねぇハルカサンてばッ!ねぇおいしい?
何度聞いても「あぁ‥うん‥おいしいねぇ‥」と、生返事の彼。
こんな寡黙なハルカサンを見るのはある意味で初めてかも(笑)
食べ終えてひと言。

「夜の梅でも買って帰ろうよ」

嗚呼、ホントに根っからの食いしん坊なのね。




【冷し白小豆ぜんざい ¥1,100-】

虎屋茶寮で漣サンがいちばん大好きなのがこの白小豆ぜんざい。
しっかりとした甘さなのに、食べ始めると止まらない。
そしてこの白玉を一緒に口の中に入れると‥これぞ口福(こうふく)なのです。
甘さに飽きたら、添えられた香の物をひと口。
これでまたリセットされるのです。




夏の疲れを口福で癒す。
午後からお出かけもいいですよ。



Copyright © 漣


[とらや]竹皮包羊羹2本入(764353/286)

[とらや]竹皮包羊羹2本入(764353/286)

価格:5,460円(税込、送料別)

[ たまには外飯もよかんべぇ。 ] 11:40 / 2010.08.14 Saturday -
| 1/1PAGES |